スポンサーリンク

かめしょー
こんにちは、かめしょーです。

今回はプログラミング学習サービスのProgate(プロゲート)を完全制覇したので、

プログラミングをこれから学習しようか考えている方に向け、僕がProgateをオススメしたい理由を3つ書いてみました。

 

スポンサーリンク

Progate(プロゲート)とは?

 

プロゲートは、オンラインで学べるプログラミング学習サービスです。

プロゲートのコンセプトは【初心者から創れる人を生み出す】というもの。

 

これからプログラミングを始めたい方や、プログラミングの基礎を学びたい方にオススメです。

コンセプト通り、初心者の僕でもさくさく学ぶことが出来ました。

Progateで学習できる言語

2018年3月現在では、有料会員(月額980円)のプランに入ると、全13言語・65つのレッスンを学習することが出来ます。

無料会員プランでも「基礎レベル」であれば15つのレッスンを学習することが可能です。

 

Progateで学習できる言語は下記の通りです。

  1. HTML & CSS
  2. JavaScript
  3. jQuery
  4. Ruby
  5. Ruby on Rails 5
  6. PHP
  7. Java
  8. Python
  9. Swift
  10. Command Line
  11. Git
  12. SQL
  13. Sass

自分の用途にあった言語を学習していけばいいと思います。

TwitterのようなWebサービスを学習したいのであれば、Ruby on Rails 5がおすすめです。

 

僕はWebデザイナーやフロントエンジニアに必要な言語を学習したかったので、

まずは(HTML & CSS, Sass, JavaScript, jQuery)の基礎レベルをやってみました。

 

その後有料会員になり、春休みの約2か月を使って全て学習しました。

ただ、すべてをマスターした訳ではないので何度も復習を重ねていこうと思います。

Progateを初心者の方に薦めたい3つの理由

1.解説が分かりやすい

このように、Progateではレッスンごとにスライドによる解説があります。

とてもユーザビリティーを考えていると思ったのが図による解説です。

 

図のおかげでプログラミングの言語が何を意味しているのかイメージしながら学習できるので、

とてもインプットしやすい構成になっています。

 

スライドは何度も確認できるので、着実に覚えながら学習することが可能です。

またProgateには検索機能があり、分からない言葉などがあればその都度検索して解決することが出来ます。

 

2.打ち込んだコードをすぐに確認できる

 

自分で打ち込んだコードがプレビューにすぐ反映されるので、間違えた個所を探すことに使ったり、

実際にいじってみて仕組みを理解するといった使い方ができます。

 

3.モチベーションを維持しやすい

Progateでは、学習する際のモチベーションを維持できるように色んな工夫がされています。

コースをクリアすると、にんじゃわんこが上の写真のように祝福してくれます。

 

そしてTwitterやFacebookでコースをクリアした言語をシェアする機能もモチベが上がります。

Progateで学習しているフォロワーさんと到達度を測ったり、自分もやらなきゃいけないというやる気スイッチを押してくれます。


僕が一番モチベになると思ったものがレベル機能。

レッスン1つ1つをクリアしていくと経験値が貰えて、その都度レベルが上がっていくのです。

 

自分を育てていくような感じがして、僕にとっては嬉しい機能でした。

全国のProgateユーザーにはレベルが800~1200levelくらいの凄腕もいます。

こんな感じです↑

 

終わりに

まあこんな感じで僕は初心者の方にProgateをオススメします。

何はともあれ、大事なのは何度も復習をして言語を習得していくことかと思います。

 

あとは自分に合うサービスを使うことですかね。

本で独学したり、Udemyの動画講座で基礎を学ぶ方が合う方もいらっしゃるかもしれません。

 

Progateをやるか迷っているなら最初は基礎レベルから始めてみて、

有料会員になってみるか考えてみるのも一つの手だと思います。

 

プログラミングを始めて学習する人は、

まずはHTML & CSSもしくはRubyがオススメです。

では!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事