mohamed_hassan / Pixabay

ブログを書いている方は、何を書こうかとアイデアを捻出することに時間を使うかと思います。記事のネタが思い浮かばない時、それはアイデアの燃料切れです。そんな燃料切れでネタが浮かばないときにアイデアを簡単に見つけ出す方法を5つご紹介していきます。

スポンサーリンク

アイデアを見つける5つの方法

1.雑誌や本を読んで得た知識や情報を生かす。

記事のアイデアを生み出すために書店にある雑誌や本を読んで、そこからアイデアを生み出す方法があります。

本や雑誌を購入し、カフェや公園のベンチでゆっくり読んでいると自然とアイデアが浮かぶようになります。

もしお近くに書店がなければ、ネットで検索して気になる情報やニュースを調べると良いです。

 

2.今現在のトレンドを確認する。

TwitterやGoogleトレンドでは、今あなたの周りや世界で起こっている出来事やトレンドを知ることが出来ます。

人が関心を寄せていることに対してアンテナを立てておくことで、読者目線になってどんな記事が読みたいのかが分かります。

Feedlyでいろんな情報をインプットするのもオススメです。頭の中がアイデアの宝庫になりますよ。

 

 

3.歩きながら友人と一つのテーマで議論する。

歩いているときといったらブロガーのみなさんは何をしていますか?

おそらく考え事をしてたいので、スマホを見るという方が多いと思います。

実は歩くことは考えることと等しいのです。

まず家を出る前に一つテーマを決め、歩いているときにひたすら決めたテーマの話題を友人と話します。

これによって考えることに集中することができ、普段何気なく歩いている時間も考察する時間へ変えることが可能です。

一人の時は頭の中で議論してみてください。一人二役で考え事をするのも楽しいですよ。

 

4.自分の今までの経験談を思い出す。

僕も実際に感じていることなのですが、自分の経験をベースに記事を書くときはアイデアがたくさん思い浮かんできます。

「書き終わったら次はこんな経験談を話そう。」「経験からこんな話題に広げていこう。」というように、

もともとあった出来事をヒントにアイデアを生み出すことも効果的です。

 

5.検索キーワードとキーワードプランナーを利用する。

検索キーワードは、一つの単語を入力するといくつかの候補が表示されるものです。

検索キーワードで得たいくつかのキーワードの組み合わせを、キーワードプランナーを使って検索ボリュームを確認します。

すると実際に調べものをすることや興味・関心を寄せていることが目で見て分かるので記事のアイデアも記事の書きやすさも変わってきます。

 

多角的な視点でものごとを考察してみる

一つのジャンルに特化したブログサイトであれば、アイデアを生み出して記事を書く際の難易度は上がると思います。

そんな時に5つの方法が役に立てば幸いです。日常で目にする様々なことに関心を寄せる癖をつけておきたいですね。

いろんな視点から物事を考えてみるのも、アイデアの燃料を生み出す鍵となるでしょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事