AdinaVoicu / Pixabay

ライフハック

快眠がしたい人は見るべし!|快眠法・厳選睡眠グッズ11選

更新日:

Pocket

かめしょー×大学生ブロガー
こんにちはKAMESHOです。

健康な睡眠がとれていない人はたくさんいると思います。

睡眠は毎日ご飯を食べることと同じくらい大切です。

 

ちなみに睡眠は人間の三大欲求の一つ。(食欲・睡眠欲・性欲)

この三大欲求である睡眠に悩まされている方は多いのではないでしょうか。


特に睡眠障害の一つである不眠症

今や日本人成人の20%が慢性的な不眠なのだそう。

これは恐ろしい!

 

不眠の症状は、生活環境の変化・ストレス・不規則な生活など様々な要因によって引き起こります。

健康的な睡眠を取るには様々な方法があり、睡眠グッズや快眠法に頼るのも一つの睡眠手法。

 

そこで今回は健康的な睡眠がとれる5つの快眠法6つの快眠グッズスマホアプリをご紹介します。


この記事は6500文字以上のコンテンツ記事となっております。
そのため
気になるものを目次から見てくださることをおすすめします。

【快眠前の準備をしよう】

睡眠こそ、人生を変える小さな習慣の中でも最も重要と言っても過言ではありません。

「ライフハック大全ー人生と仕事を変える小さな習慣250」でそうおっしゃったのが著者の堀正岳さん。

寝る前も快適な睡眠をするための大切な時間です。

 

実際に僕が著書の中の10-3-2-1ルールというものを読んで、

これは実生活に活かせる睡眠術だと思ったのでご紹介させていただきます。

睡眠の10-3-2-1ルール

  ・10時間前にはカフェインを控えるようにする。

  ・3時間前には食事も控える。

  ・2時間前には仕事をするなどの緊張感を高める作業をやめる。

  ・1時間前には液晶スクリーンを見るのをやめる。

・カフェインは体内分解されるのに6~9時間かかるのだそう。

普段頻繁にコーヒーやお茶、エナジードリンクを飲む方は注意しなければいけませんね。


・食事を3時間前に控えるのは、消化によって睡眠が阻まれるのを防ぐため。

快適な睡眠が出来るようここは守りたいところです。

 

・仕事と液晶スクリーンを見るのをやめるのは、緊張を解き、スクリーンの強い光の影響を避けるためだそう。

特に刺激の強いブルーライトにはご注意を。網膜にまで光が届くほど大きなエネルギーです。

これらの10-3-2-1ルールを守れば、快適な睡眠の準備が整いやすいということですね。

僕もこのライフハック術を読んでから、このルールを実践するようにしています。

 

寝る前にスマホを見る事を控えたり、

エアコンで部屋を暖めすぎないようにするなど、他にも多くの睡眠対策はあります。


寝る前に自分独自の睡眠対策を取るようにしましょう!

 

 ライフハック大全は他にも多くのライフハック術が載っています。

気になる方は是非手に取ってみてはいかがでしょう!

【厳選】5つの快眠方法

快眠とは、気持ちよくぐっすり眠ること。

ぐっすり眠るためにも、世に出ている様々な快眠方法を試してみると良いでしょう。

ここでは僕(KAMESHO)が試した快眠術の中でも、特に効果があった5つの快眠方法をご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

 

1.アロマやお香

睡眠に入る前にリラックス効果のあるアロマを部屋に焚く快眠方法です。

寒くて乾燥している季節であれば、加湿器にアロマオイルを入れると良いでしょう。

 

リラックスや快眠したいときに効果的なのがラベンダーのアロマオイル。

ストレスをほぐし、不眠症改善にも効果があります。

 

他にも肌荒れに困っている方にも効能が。素晴らしい!

2.日光浴

日光浴も快眠法に効果的です。

太陽の光は脳を活性化させる働きや体内時計を調節してくれる働きがあります。

 

生活リズムの乱れで不眠症になっている方には特に日光浴はオススメします。

実際に不眠症治療の場面でも、日光浴をすすめています。

3.最適なお昼寝タイム

最適な睡眠時間に関することは様々な意見が交錯していますが、

研究によると最適な睡眠時間は7時間が目安だと言われています。

 

夕方になると急に睡魔におそわれることはありますでしょうか?

これは十分な睡眠時間を確保していないことで起こります。


そこで役に立つのがお昼寝タイム。

 

お昼寝をすることは記憶力や集中力を回復する効果があります。

理想のお昼寝時間は20~30分程度がオススメ。

 

かめしょー×大学生ブロガー
記事書く前に僕はお昼寝しました!
Mr.ゴースト(21歳)
ワイも!

 

4.ストレッチ

ストレッチをすることで、溜まっているイライラや体の疲労をほぐすことが出来ます。

特に寝る前のストレッチは副交感神経を刺激させ、安らかな快眠に繋がります。

 

僕からのお勧めは、うつ伏せの状態から腕立ちをして体をそらすストレッチ。

これを15秒間×3回繰り返します。

 

 ポイントは深呼吸をしながらストレッチ

5.【 478呼吸法】

478呼吸法とは、アメリカのアリゾナ州立大学のアンドルー・ワイル医学博士が提唱した瞑想方法の一種です。

Mr.ゴースト(21歳)
瞑想?なんか難しそうじゃ・・・
かめしょー×大学生ブロガー
言葉で書いてあると難しいと思うかもしれないですが、やってみると案外簡単ですよ!

 

やり方☟

  1. 口を閉じ、4秒ほどの長さで鼻から息をゆっくり吸い込む。
  2. 次に吸い込んだ息を止め、7秒間数える。
  3. 7秒間止めた息をゆっくり8秒間吐く。⇒これを3回繰り返し

この呼吸法によって心身ともにリラックス状態になり、眠気がくるようになります。

調べてみると個人差があるようですが、僕自身とても効果があったので試しに実践してみてください!

 

快眠グッズ

次にあなたの快眠を手助けしてくれる快眠グッズをご紹介したいと思います。

睡眠グッズが揃えば、あなたは快眠マスター。寝る前が待ち遠しくなるでしょう。

では、7つの快眠グッズをご紹介していきますね!

1.アイマスク

これは僕(KAMESHO)が愛用しているアイマスク。

ベッドに入るときには必ず着用しています。

 

寝るときに明かりをつけたまま寝てしまうと、ガンになる確率が上がることをご存知でしょうか?


部屋は真っ暗にして寝るのが良いです。

もし明かりをつけながらでないと寝れない方はアイマスクをつけて寝てみてはいかがでしょう。

僕が調べたオススメのアイマスクを紹介します。

2.枕

枕は快眠のための大事な道具です。

自分の寝る姿勢にマッチした枕を使うことで、睡眠の質を上げることが出来ます。

いくつかご紹介していきます!

 

3.ノイズマシン

ベッドが窓側にある方はもしかすると雑音で眠れないことがあるかもしれません。

僕も一人暮らしで隣の部屋が夜中まで騒いでいるときは落ち着かせる音を流して寝るようにしています。

 

4.遮光を遮るドームハウス

まるで犬小屋の中をのぞいているかのような快眠グッズ。

外から見たらとても不自然に見えますが、快眠したいならうってつけの商品です!

Mr.ゴースト(21歳)
ワン!!

かめしょー×大学生ブロガー
犬の真似しても中にはいれさせないですよ(笑)

 

5.サプリメント

サプリメントとは、医薬品ではなくビタミンやカルシウムなどを補給する錠剤類のこと。

参考:Wikipedia

ここでは安心して飲むことが出来る睡眠に効果的なサプリメントをご紹介したいと思います。

 

セロトニンとは、精神の安定や快眠に必要な神経伝達物質です。

 

セロトニン不足だとうつ病にかかってしまったり、無気力になってしまいます。

 

不眠症の方に、オススメしたいのがサプリメントのリラクミン。

楽天やYahooショッピングなどでも商品部門1位を獲得した安心して購入できる商品となっております。

不眠症だけでなく、うつ病や不安を抱えやすい方、

精神的な悩みを抱えている方にもおススメできるサプリメントとなっております。

 

【成分配合】:2種類の厳選したハーブ・野草・植物・アミノ酸・ビタミン

【製造場所】:日本

6.快眠時計

寝てから起きるまでが快眠時間。

ここは快眠用の目覚まし時計も必須の快眠グッズです。

入れておきたい睡眠対策アプリ

スマホのアプリケーションでは、睡眠のデータを分析してくれるもの

アラーム機能で一番気持ちの良い時間に起こしてくれる機能のアプリもあります。


いつも身近な存在であるスマホをぜひとも睡眠対策に活用していきたいものです。

 

今回は数多くある睡眠アプリの中でも、

特に評価の高いもの・機能性のあるものを紹介したいと思います。

Sleep Cycle alarm clock

Sleep Cycle


Sleep Cycleは眠りが浅い時にタイミングよくあなたを起こしてくれるアプリです。

まさに快眠に向けて作られたアプリ。

 

1.ダウンロードして起動すると、アプリの使い方を解説してくれます。

 

2.スマホの端末マイクによってあなたの睡眠時の動きを分析してくれます。

 

3.説明が終わったら起きる時間を設定しましょう。時間を設定したら開始ボタンをタップします。
4.開始を押すと、注意事項が表示されます。これに従ってあとは就寝するだけです。


実践してから5日後、
あなた専用の分析データを見ることが出来ます。

最適な睡眠時間や起床時間を明確にしていき、快眠へと繋げていきましょう!

 

終わりに

快眠法・快眠グッズはたくさんあります。

その中でも今回は選りすぐりのものを選ばせていただきました。

今後も何か新しく・画期的な快眠方法や快眠グッズを発見したら随時更新していきたいと思います。

Mr.ゴースト(21歳)
KAMESHOよろしく~~!

 


KAMESHOのInstagramはこちら☟

KAMESHOのインスタ

フェイスブック公式サイト

Twitterアカウント

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
かめしょー×大学生ブロガー

かめしょー×大学生ブロガー

☆立命館大学3年生 ☆Webメディア編集 ☆ライター、ブロガー ☆主な執筆ジャンル☟ ライフハック×大学生×ブログ運営 ☆趣味:ブログ×読書×カメラ 特技:スマブラ・カラオケ ☆大好物:ミルクティー →詳しいプロフィールはこちら

-ライフハック
-, ,

Copyright© ホビブロ , 2018 All Rights Reserved.