スポンサーリンク

かめしょー
こんにちは。Googleアナリティクスを毎日確認しているかめしょーです。

ブログを開設したら、自分のWebページにどれくらいのユーザーが訪れているのか気になると思います。

 

そんなときにGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)を利用すると、自分のWebページを解析してくれます。


主な解析は5つで「リアルタイム」「ユーザー」「集客」「行動」「コンバージョン」というものがあります。

 

解析は自動でしてくれるので、いつでもどこでも解析結果のレポートを確認できます。

 

Googleが提供する解析ツールは基本的に無料で利用できます。
ブログを始めた人はさっそく解析ツールでWebページを解析してみましょう。

 

今回はGoogleアナリティクスのトラッキングコードを直接WordPressに貼り付けることで、解析ツールを導入するシンプルな方法をご紹介していきます。

トラッキングコードとは
トラッキングコードは、アクセス解析をするためにサイト内に組み込んでおくコードのことです。コードを貼り付けることでサイトに訪れたユーザー情報を取得することができます。
スポンサーリンク

1.Google Analyticsに登録する

まずはGoogleアナリティクスのページにある「無料で開始」をクリックします。

登録の際にGmailアドレスが必要なので、もしアドレスを持っていない方は先に登録を完了してください。

 


「無料で開始」をクリックしてGmailログインをすると、上のページが表示されるので赤枠のお申し込みをクリック。

 

お申し込みをクリックすると、新しいアカウントというページが表示されます。まずはトラッキングの対象とあるのでウェブサイトをクリック。

 

次にアカウントの設定です。ここではアカウント名が必須なので、ご自身の新しいアカウント名を入力してください。

 

 

プロパティの設定では、ウェブサイト名サイトURL業種レポートのタイムゾーンを記入または選択します。
ウェブサイト名とサイトURLは必須項目なので見落とさないように注意しましょう。

レポートのタイムゾーンは日本を選択してください。

 

データ共有設定は推奨になっています。全てチェックされているので読んだら次に進みます。

 

必須項目がすべて入力されているのを確認したら、トラッキングIDを取得をクリック。

 

 

 

 

利用規約に目を通し、項目をチェックをしたら「同意する」ボタンをクリックする。

 

赤枠内のコードがトラッキングコードです。最後にこれをコピーします。

 

2.トラッキングコードをWordPressに貼り付ける

WordPressの編集メニューにある外観⇒テーマの編集をクリック。

 

テーマの編集ページ右側をみると「テーマファイル」というメニューがあります。その中のテーマヘッダー(header.php)をクリック。

 

</head>タグの直前に、コピーしたトラッキングコードを貼り付けます。

 

最後に「ファイルを更新」ボタンをクリックして完了です!再度、アナリティクスのページに戻ってから【ウェブサイトのトラッキングコード】を確認すると、トラッキングコードがインストールされています。

3.トラッキングコード貼り付けの注意点

WordPressには多くのテーマがあります。なかにはトラッキングコードを別の設定メニューで貼り付けるテーマも存在するので、自分が使っているテーマを確認してみましょう。

 

また、プラグインを導入することによってGoogleアナリティクスとWordPressを紐づけすることも可能ですが、あまりオススメしません。

 

今回紹介した方法の方がシンプルですし、プラグインをわざわざ増やす必要がないからです。個人的には今回の方法をオススメします。

 

WordPressでブログを新しく始めた方はぜひGoogle Analyticsを導入してみましょう!では!

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事